2006年11月21日

勉強が先なあなたへ

 

世の「勉強が先」なひと、すべてに提案です!


もし、あなたがどうしても、

行動よりも「勉強が先」というのなら、

せめて「授業料」からは卒業しませんか?!


・・・


何のこっちゃわかんない?(笑)


「勉強が先」な人というのは、

何かものごとを始めようと思ったときに、

まず、それに関する勉強から着手する

習性を持った人のこと。


このブログのサブタイトルでも

提唱しているように、

本来は「勉強ばっかりは、もう卒業」して、

さっさと行動に移したいところです。


しかし、急にそう言われても困ると。


それならせめて、

「授業料」を払う勉強からは卒業しませんか?

というのがアタシからの提言です。


授業料って?


それはたとえば、

インターネットを始めようと思ったら、

まずITの入門本を買っちゃうとか。

海外行くまえに、英会話学校いっちゃうとか。


そういうアタシもそうなんですが、

なぜか勉強と聞くと、反射的に「授業料」払わ

なきゃと思う傾向があるようです(笑)



でも、ここで発想を転換。



勉強はお金もらってしましょうよ。

いや、お金もらって勉強したことありますよね?


???


一番よい例が、会社の仕事です。


会社というところは、見方を変えれば、

給料付きの生涯学習施設。


先の例なら、海外出張ついでに英会話勉強とか、

インターネットも会社では必修の道具ですから。


でも、ここで一番言いたいことは、

単にお金をもらって得しましょうということ

ではありません。


お金をもらう勉強は、納期内に仕様どおり

納品をしなければなりません。


それには「勉強」に「行動」が伴う

必要があります。


そのことが、結果として、

「勉強ばっかり」からの卒業を促します。


この点こそが最大のメリットといえるでしょう。



writingrush at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントとお返事