2006年12月18日

リンカーンが言いました。




「交換日記」って、

聞いたことありますか?


まだインターネットが世の中に登場するまえ、

主に学生のあいだで、わりと流行ってた。


そう、紙のノートに日記とか書いて、親しいメンバー

の間で回すアナログな日記帳です。



これって、いまのブログやミクシーなんかと

基本、同じ役割のものなんですね。


当時個人が所有することができた、いわゆる

メディアの1つだったといえるかもしれません。



それで、これら新旧メディアに共通しているのは、

長く続くものと、すぐ消滅するものにハッキリ分かれること。


周囲がつまらないと思ったらオシマイ。

本人が面白くなくなってもオシマイ。


自分をごまかさず、ちゃんと書いてないと

すぐ終わってしまいそうなところが、

キモなんです。



このブログも、

いつまで生き残るでしょうか(笑)



先日新聞の記事で、あ、これホントそうだよねぇ!

と思ったくだりがあります。



「 1人の人を長期間ごまかすことはできる。

  多くの人を短期間ごまかすことも可能だ。

  しかし、多くの人を長期間ごまかしておくことはできない。 」


リンカーンのことばだそうです。


自分が書いてるページが、

もしウソやごまかしみたいなものばかりなら、

本人も読む側もじきつまらなくなって、

そのページは自然淘汰される。


そんなふうに読めました。



writingrush at 21:11│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントとお返事