2007年02月01日

ビスタってmixiできますか? 第3話





前号までのあらすじ。

●ビスタでも、mixiはもちろん利用できる

●ビスタは、パッと見が目新しく面白い(エアロ)
  たとえば、窓枠が半透明、窓の切り替えが
  立体式&回転式(フリップ3D)




ところで、ビックカメラに偵察に行った

ときのことです。



アタシは、ビスタのパソコンがどれだか、

店内ですぐ見分けができるようにと、あらかじめ

目印を考えていました。



それが新型の「スタートボタン」。


従来のと比べ形がまん丸になったほか、これまで

あった「スタート」という文字が消えました。




「終了するときもスタートかいっ!」




Windowsには、昔からこういう突っ込みネタが

あったわけですが、今回やっとこのボケに

気づいてくれたのね。



まったく、長く楽しませてもらったもんだ。



さて、その丸ボタンはと、、、

(キョロキョロ)



「あったあった」



ビスタPCは、すぐ見つかりました。



ちょっとトキメキながら、足早に接近。


マウス握りしめて、

いざファーストクリック!




・・・




「ん?」


なんか地味。




「あれぇ? 写真で見たあのエアロと違うみたい」


「あれれ、3Dもできないっ!」



なんだこれは?


展示用PCだから?



「すいませーん、これ本物ですかぁ?」



やってきた店員が苦笑していたのは、

いうまでもありません。




アタシはすっかり忘れていたんです。


ビスタには4種類のラインナップがあることを!



それは・・・

(1)ホームベーシック
(2)ホームプレミアム
(3)ビジネス
(4)アルティメイト



アタシが見ていたのは、

このうち「ホームベーシック」という

廉価版なのでありました。




まだご存じないあなたにだけ、

ビスタの重大な秘密をお知らせします(笑)



ビスタがビスタらしく動くのは、

上の(2)〜(4)。



これらは「プレミアム エディション」

と呼ばれています。



「ホームベーシックは買ってはいけない」

と、真顔で忠告する人もいるらしいです。


値段は順々に高いですが、

それでもなお、多くのユーザがこのプレミアム

エディション((2)以上)を選ぶよな気が

してなりません。



見かけがすごく似ています。(同じ?)


少なくとも、

ハヤトチリして選んでしまうことのないよう、

気を付けましょうね。





↓参加中です!(ペコ)
lanking-red







注1:

アタシは実機を持ってません。(笑)
なので、この記事は、広告や関連記事など、
公表された情報をもとに、アタシが独自に
編集したものです。




注2:

免責事項
本記事の執筆にあたって、情報の掲載には細心の注意を払って
おります。しかしながら、掲載情報の妥当性や正確性について
保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。
また、これらの情報を使用されたことにより生じるいかなる損
害についても責任を負うものではありませんのでご注意下さい。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントとお返事