2007年02月07日

Myブックセンター





あなたは、なにか本を探したい

ときって、どうしてますか?



★アマゾンで調べる?

★検索エンジンを使う?

★それとも、どこか大きな本屋へ行く?



インターネットの普及で、ここ数年、

ネットで本を探したり買ったりする人が

日本でも急増してますよね。



アタシも基本、ネット派です。



どんな大きな本屋でも、

ネットと比較すれば、択肢が狭いのは

歴然ですからね。



それにウチは田舎で、行くと半日がかりに

なるので、くたびれたから買っちゃおう

ってパターンが多くなる。(笑)



あ、本を探すって言えば「図書館」という

手も、一応ありましたっけね。



でも図書館って、

別に忘れてるわけじゃないけど、

日陰の存在とでもいうんでしょうか。



アタシには、昔の使い勝手がよくない

イメージがあったんですね。




ところが、たまたま先日、近所の図書館に

行ってみて驚きました。



あなたは、

公立の図書館の貸出システムが

すごく進化しているのを知ってましたか?




アタシの住んでる自治体の図書館では、

次のことが可能なんです。


(1)ネットで検索と予約ができる。

 図書館のなかの端末のことじゃありませんよ。
 自宅PCや携帯から、ウェブにアクセス
 できるんです。

(2)メールで知らせてくれる。

 予約した本が貸出可能になったら、指定の
 (最寄の)分室などへその本を転送した上で、
 電子メールで到着を知らせてくれる。

(3)24時間返却できる。

 閉館日でも時間外でも、まるでレンタルビデオ屋
 みたいに、好きな時間に返却ボックスに
 返せばよい。




これなら、大型書店が持つ機能と、

ほぼ同等じゃないですか!



いや、すべて無料な分、本屋を上回って

いるとさえ言えるでしょう。



新刊が手に入りにくい点だけ、最初から

期待しなければ十分使える気がします。




あなたがもし、図書館ご無沙汰派なら、

たまにチェックしてみると、なにか新しい発見が

あるかもしれませんよ。



writingrush at 22:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントとお返事