2007年02月08日

ショート・ドラマ





アメリカの有名なコピーライティングに、

こんなのがあるそうです。
(一部補筆)



=======
私がピアノの前に腰かけたとき、
皆、笑っていた。

ところが、私がピアノを弾き始めた
途端、周囲は静まりかえった。
=======



通称、「ピアノコピー」。


おそらく、似たような話なら、

どこかで一度は目にしたことがある

のではないでしょうか。



ピアノ教室の広告を出すなら、

ただ、「ピアノがうまくなれます」というより、

こんなドラマ仕立てのほうが、

百倍アピールしますよね。




ところで、あなたにも、

昔できなかったこと、下手だったことが、

その後の努力によってうまくできるように

なった経験とか、ありませんか?



そうですねぇ、

身近なところでは、あなたの仕事とか。



じゃあ、その仕事の関係で、

こんど大勢の前で自己紹介をすることに

なったとしましょう。



「え〜ヤダな、緊張するな〜」



でも、もしそこが、

顔見知りが誰もいないところだったら?



よけい緊張するという説もありますが、

新人時代の自分を知らない人たちなら、

まさに恥のかき捨て。



自己アピール練習の絶好の

チャンスです。




「 私がパソコンの前にすわったとき、
  皆、笑っていた。」


「 ところが、私がキーボードをたたき始めた
  途端、周囲は静まりかえった。 」 (笑)


  (・・・スミマセン。うまい例が出てこなくて)




でも、あなたが努力したことなら、

この「ピアノコピー」の構成で語れば、

聴く人の胸にいっそう響くドラマになります。



そんなショートドラマを、

さらっとかっこよく語れる日が、

いつかこのアタシにも訪れてくれますよう、

ブログで練習することにします。(笑)




writingrush at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントとお返事