2007年02月13日

おとなの授業参観2






「 あなたは、自分のページやサイトを、

  親兄弟に見られることを

  想定していますか? 」




これ、先週、宿題にさせてもらった

テーマです。


ちょっと補足すれば、

想定してるかどうかというより、

  「見られて恥ずかしいか否か」

という流れでしたね。



先週自ら発したこの質問に、

その後少し考えさせられております。




・・・




え〜と、ここから先、

ちょっと込み入ったお話をします。


お急ぎの方(笑)は、どうぞスルーして

くださいませね。






さてと、

「親兄弟に見られて恥ずかしいか否か」



自分から言い出しといて、非常になんなん

ですが、ブログってそもそも世間に

公開してますよね。



そのブログが見られて気恥ずかしいってのは、

一体なにが気恥ずかしいわけ?

・・・でしょうか?



そう自問自答して、

どうやらわかってきたことは、

およそ次のようなことです。




●自身の過去に関する記事:

特に気恥ずかしいと感じない。
(すでに自分ではないと言い訳しやすい)



●自身の未来に関する記事:

特に気恥ずかしいと感じない。
(まだ自分ではないと言い訳しやすい)



●自身の現在に関する記事:

たぶん、ここです(笑)


失言したり見栄をはったりするナマの自分が、

素(ス)のまま登場しちゃうからです。

しかも肉親は、これを見破りやすい。(汗)




そうか、「現在」が気恥ずかしいのか。



でも、大丈夫なひとは、もちろんOKなん

ですよ。慣れかもしれないし。




問題なのは、無意識のうちに

自衛行動をとりそな、例えばアタシの

ような人。(笑)



「現在」を語ることを避けて続けていると、

果たしてどうなるでしょうか?

→ はい、ブログが、おもいで君と

  あすなろ君で、埋め尽くされます。



それでも放置しておくとどうなるでしょう?

→ なんか、つまんなそうです。



そうなんです。

たぶん書いてる自分が、一番

つまらなくなります。




親兄弟は鋭いです。

図星できます。(笑)

だから最強の観客。




しかし、良くも悪くもブログは

自分自身。



ブログを続けていくため、

何より大切な読者のために、

「現在」に背を向けてちゃいけないんです。



そんなふうに思いました。






writingrush at 22:50│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントとお返事